TOP > CATEGORY - マンガ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

海皇紀

【海皇紀/川原正敏】

海が好き!船が好き!!という私Kajikaが今ハマっているマンガがこれ。

『修羅の門』の作者、川原氏がその昔船乗りを目指していたことも驚きでしたが
作品の世界観や計算されたストーリーは、なかなか心躍るものがあります。

とにかく非の打ち所のない主人公とその主人公に惹かれて集まってくる
これまた凄い連中のお話。

読んでいると、なにかと雑学が身についていくような感じがして
面白いですね。

只今、月間マガジンに連載中です。

40巻以上出ていますので全部紹介はできませんが、初めてという方に
1巻から紹介です。


  

  






スポンサーサイト
[ 2009/08/23 13:47 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

ブレーメンⅡ

【ブレーメンⅡ/川原泉】

ことあるごとに、川原泉の漫画は面白いと友達に宣伝してまわっているが
なかなか川原ワールドを面白いと言ってくれる人が現れない。

女子より男子のほうが好感を持ってくれている様で、それはそれで嬉しい。
しかし、少女コミック畑を歩んできた川原氏としてはこの反応は
少々、悲しいかもしれない。

そもそも、川原氏の漫画はどんだけ薀蓄を持っているんだと唸らされるほどの
情報量から成り立っているように思える。
『かわいい』とか『綺麗』とかの次元を超えて語りかけてくるその画風は
女子より男子に人気があるのも頷けるというものだ。

本人は『手抜き』と称しているキャラクターの画風は漫画ゆえの手法であると
私は思うのだ。
ストーリーの背景がビシッと決まっているからこそこの手法が光る。
読者の想像をかきたててキャラクターを読者独自のものにする。
読み終わって、ショートショートを読んだ後の感覚に陥るのはそのへんだろう。

ということで今回は数ある川原ワールドから
『ブレーメンⅡ』を紹介する。

SFちっくな物語であるが、なかなか考えさせられる作品だ。
いろんなタイプの人間、動物が繰り広げる『愛と友情と正義』の物語だ。
(たぶん作者はそんな大それたものではないと言いそうだが)

読み手に勝手にこれだけの事を言わせてしまうところは大それたことだ。
まさに、これこそが川原ワールド、川原マンガの真骨頂であろう。

  







[ 2009/08/15 20:05 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

見たことの無い『のだめ』に出逢えます

【のだめカンタービレ22巻/DVD付き初回限定版】

R0408159.jpg

TVシリーズでは放送されなかった映像がおまけでついてきます。
さらに、特製『しおり』もプレゼント。

二ノ宮 知子さんの不思議で柔らかな世界がお久しぶりの登場です。
クラッシクファンの愛読者も多いこの作品、
『のだめ』ファンはもちろん、まだ作品に触れていない方もこの機会に
のだめワールドへ入り込んでみませんか?
[ 2009/08/06 16:48 ] マンガ | TB(0) | CM(1)

コミックセット

コミックセット
おとな買いをして、一気に読み通す!
こんな贅沢はないですよね。
[ 2009/06/09 10:30 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

画集・イラスト集

画集・イラスト集
[ 2009/06/09 10:27 ] マンガ | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。